化研病院けんこう教室

第46回けんこう教室開催レポート

講演中の服部医師

1月21日(土)、第46回けんこう教室を開催いたしました。講師は服部知洋呼吸器センター副部長。今回のテーマは「漢方のお話 〜呼吸器疾患を中心に〜」で、当院のけんこう教室では初めて漢方が取り上げられました。一日を通して北風の冷たい日でしたが、午前午後合わせて230名の方にご参加いただきました。

服部医師が漢方に興味をもつようになったきっかけや、西洋医学との診察の違いが分りやすく説明されたあとは、具体的な漢方薬の紹介が続きました。「30年間治まらなかった咳が漢方の服用後に治ったことがある」、「がんの化学療法と漢方の併用で患者のQOLが維持できた」などの事例が紹介されるたびに、会場からは感心の声が上がっていました。

アンケートでは「漢方は長く飲んでも効いているのか分らないというイメージでしたが、すぐに効果が出るものもあると聞き、驚きました」、「西洋薬と漢方の組み合わせで効果があるということ、勉強になりました」との声が聞かれました。

恒例のリハビリ体操は、身体だけでなく頭も一緒に動かす体操で、参加者からは「楽しかった」との感想をいつもより多くいただきました。血圧測定にも多くの方のご参加をいただきました。


次回、3月11日(土)に開催予定の第47回けんこう教室では、長年骨粗しょう症を専門的に研究してきた別所雅彦整形外科医長が、「あなたの骨は大丈夫? 〜コツコツ学ぶ骨粗しょう症のお話〜」と題した講演を行う予定です。どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

※お申込みは TEL:047-375-1111(代) または総合案内まで。

血圧測定の様子

リハビリ体操

リハビリ体操

血圧測定


このページのトップへ