化研病院けんこう教室

第41回けんこう教室開催レポート

講演中の天野医師

11月14日(土)、第41回けんこう教室を開催いたしました。一日を通して雨の降り続く寒い日でしたが、午前午後合わせて300名近くのご参加をいただきました。地域のタウン誌でけんこう教室が大きく取り上げられた影響もあり、今回初参加の方も目立ちました。

今回のテーマは「食生活と胃腸のがん 〜がんを予防する食生活の工夫〜」。講師は天野祐二消化器内科統括部長です。

胃がん、食道がん、大腸がんのそれぞれについて、原因や罹りやすい人の特徴、治療方法など、簡潔で分かりやすい講義がありました。「天丼を例にとると、汁はご飯にかけず、てんぷらだけ汁につけて食べる方が塩分は減らせる」等、具体的な対策・予防の話になると、資料に熱心にメモを取っている方の姿も散見されました。アンケートでは、「内容の濃いお話でした。家でゆっくりレジメを見直します」、「わかりやすく、大変よかったです」、「今後塩分に気をつけます」との声もありました。

恒例のリハビリ体操、血圧測定に和やかに行われました。また今回は医療相談の希望者も多くいらっしゃいました。

次回、1月16日(土)に開催予定の第42回けんこう教室は、高江久二循環器科医長が「気づかないうちに大きくなる大動脈瘤 〜血管にできる危険なコブのお話し〜」をテーマに講演を行う予定です。

どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

※お申込みは TEL:047-375-1111(代) または MAIL:kenko@kaken-hp.or.jpまで

講演の様子

講演の様子

リハビリ体操

リハビリ体操


このページのトップへ