化研病院けんこう教室

第39回けんこう教室開催レポート

講演中の大西医師

7月25日(土)、第39回けんこう教室を開催いたしました。30℃を超える暑さの中でしたが、午前午後合わせて200名以上のご参加をいただきました。

今回のテーマは「知っておきたい『乳がん』と『甲状腺がん』」。講師は大西清乳腺・内分泌外科長です。

2015年の部位別のがん統計予測を見ると、女性では乳がんが1位になる見込みであるというお話から始まって、どこにどんながんが出来うるのか、原因と言われているのは何か、なぜ早期発見が重要となるのか、診断方法の紹介と精度の違い等、写真や画像を交えた専門的な講義となりました。がんの診断画像で、よく見ないと分からないような小さな点が「がんです」と紹介されると、会場からは驚きの声も聞こえてきました。

アンケートでは、「進歩している治療・考え方等学びは大きかったです」、「臨床的に高度な内容で満足できました」、との声もありました。

恒例のリハビリ体操にも多くの方にご参加いただきました。

次回、9月19日(土)に開催予定の第40回けんこう教室では、今年度4月から常勤となられた金子松五糖尿病代謝内科部長が「糖尿病とは 〜合併症を防ぐために〜」をテーマに講演を行う予定です。
どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

※お申込みは TEL:047-375-1111(代) または MAIL:kenko@kaken-hp.or.jpまで

血圧測定

リハビリ体操


このページのトップへ