化研病院けんこう教室

第34回けんこう教室開催レポート

講演する坪井医師

講演する坪井医師

9月20日(土)、第34回けんこう教室を開催いたしました。
あいにくの不安定な天候となってしまいましたが、今回は関心度の高い消化器に焦点をあてたテーマということもあり、約300名と非常に多くの方々にご参加いただき、活気に満ちた一日となりました。

今回のテーマは「消化器のお話〜胃・大腸の検査・治療〜」。講師は坪井優消化器内科医長です。
胃がんの概要のお話から始まり、次に内視鏡治療の説明、そして大腸がんの原因や検査についてお話がありました。実際の内視鏡の診断画像や、がんを切除する映像なども交え、具体的な治療の現場がイメージしやすい講義となりました。

ご参加いただいた方々からは、「早期発見(検査)早期治療の重要性を再認識しました」「今後検査を考えてみたいと思いました」「動画を見て、胃ESD・大腸EMRの手術がよく分かりました。」といったお声もあり、アンケートにおいても高い評価をいただきました。
講演後の恒例のリハビリ体操においても、従来よりたくさんの方々にご参加いただきました。

次回11月22日(土)に開催される第35回けんこう教室では、西野卓病院長が、「苦痛を除き命を守る〜麻酔科は縁の下の力持ち〜」をテーマに講演を行います。
どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

※お申込みは TEL047-375-1111(代)まで

セミナー風景

セミナー風景

リハビリ体操の様子

リハビリ体操の様子


このページのトップへ