化研病院けんこう教室

第33回けんこう教室開催レポート

講演する武原医師

講演する武原医師

7月19日(土)、第33回けんこう教室を開催いたしました。化研病院では、地域の住民の方々に健康への関心を高めていただくため、化研病院けんこう教室を隔月で開催しており、毎回多くの方々にご参加いただいております。

今回の講師は武原 格リハビリテーション科部長です。
「嚥下(飲み込み)のリハビリテーション〜いつまでも健康でおいしく食べるために〜」をテーマとし、嚥下障害の危険性や仕組みについて説明。映像を用いて嚥下障害の起こる様子を確認したり、嚥下機能の状態をチェックするテストを行うなど、大変わかりやすく興味深い講義となりました。現在リハビリテーション科外来は準備中ですが、今回の講義を通して、診察を求める受講者の方々が多くいらっしゃいました。

受講者の方からは、「これから必要な知識なので、とてもよかった」、「『噛む』ことの重要性を再認識。年々、自分の歯が少なくなるのが心配だが、食事時間は充分(ゆっくりと)とりたい」などの声が聞かれました。
講演後は、言語聴覚士による嚥下のリハビリ体操や、医師による医療相談を行い、盛況のうちに終了いたしました。

次回の第34回けんこう教室は、9月20日(土)の開催で、テーマは「消化器のお話〜胃・大腸の検査・治療〜」。講師は坪井 優消化器内科医長です。 どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

※お申込みは TEL047-375-1111(代)まで

リハビリ体操の様子

リハビリ体操の様子

セミナー風景

セミナー風景


このページのトップへ