化研病院けんこう教室

第22回けんこう教室開催レポート

別所 雅彦講師

別所 雅彦講師

9月8日(土)、化研病院で第22回けんこう教室を開催いたしました。
化研病院では、地域の住民の方々に健康への関心を高めていただくため、化研病院けんこう教室を隔月で開催し、毎回多くの方々にご参加いただいております。

今回のテーマは、『「骨粗鬆症」てなあに?』
整形外科別所雅彦講師が、骨粗鬆症とはどんな病気であるか、原因や骨密度の診断方法、骨粗鬆症と脆弱性骨折の予防と治療についての講演を行いました。受講者は午前と午後合わせて328名と、大変多くの方に来ていただきました。

受講者からは、「骨粗鬆症は治療を早くすることで、発生率を低下させることが出来ると知り、今後気を付けて身体の進行を観察したいと思います。」 「骨は常に再生することなど参考になり前向きになりました。講座を受講してよかったです」などの声が聞かれました。
講演後は、リハビリテーション室スタッフによるリハビリ体操や、医師による医療相談を行い、盛況のうちに終了いたしました。

次回の第23回けんこう教室は、11月17日(土)の開催で、テーマは『閉塞性動脈硬化症』。
「〜足のだるさ・痛みで、長く歩き続けられない方〜それは足の"動脈硬化"では?」
講師は、循環器科医長高江久仁講師で、わかりやすく解説いたします。 どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にご参加ください。

※お申込みは TEL047-375-1111(代)まで

リハビリ体操

リハビリ体操

セミナー風景

セミナー風景


このページのトップへ